部屋の片づけって正直嫌いです

昔から、片付けが苦手な私。
だって面倒なだけで、楽しくないじゃないですか、片付けるだけなんて。
でもこの話を友達にしたら、
「えー、片付けるのって楽しいよ。さっきまで散らかっていた部屋が、目に見えてキレイになっていくわけだし。
成果がわかりやすくて楽しくない?」
って言われて、びっくり。
えー、そんな感じ方もあるんだっていうか。
そのときはなるほどなって思ったんですけど、でもやっぱり共感は出来ないなぁ。
だって成果がわかりやすいって言っても、その成果自体がワクワクするようなものじゃないですからね。
いや、キレイな部屋と散らかった部屋なら、私だって、前者のほうが好きなんですよ。夫もそのほうが喜ぶし。
でも片付けの労力に見合うほどの魅力はないように感じるんですよね。
「1回1回、使ったら元に戻す、すぐに片付けるを繰り返していれば、そんなに大変な状態にはならないでしょう」
って、知ったような口をきく人たちもいるけれど、それが出来たら苦労しないんだよね。
そもそも片付けに対して良い感情を抱いてないので、
「出来るだけ先延ばししたい、あわよくば夫が片付けてくれないかな」という怠け意識が働くし、
もともと気が散りやすい性質だから、「1回1回その場で」っていうのが、結構難しいのです。
この間、友人に片付けが苦手なら宅配型のトランクルームを使ってみたらどうかと提案されました。
自分で運ばなくても、預けたい荷物を家まで取りに来てくれるそうです。
これなら面倒臭がりの私にもできるかしら・・・
今、真剣に検討中です。

オーガニック製品を購入する際には産地直売の物が一番

私はいつもオーガニッく製品を購入する際には、ドライブがてら郊外のバラとハーブ園内にあるショップで購入するようにしています。こちらは園内で栽培されたバラやハーブを活用したオリーブオイルや入浴剤、スキンケア製品、ハーブティー等が販売を販売しているのです。

ハーブティーは味と効能を考えながらオリジナルでブレンドしてあるのですが、女性ホルモンの分泌を促す物やデトックス効果のある物、美肌効果のある物、リラクゼーション効果のある物といった風に用途別に分けて1回分ずつ包んでいます。私はいつも女性ホルモンの分泌を促すブレンドハーブティーを購入しています。これを飲むと何だかイライラが改善されたり、美肌効果があるような気がするのです。味もダマスクローズ系の高貴な香りのする味なので、すごくおいしいです。

もちろんすべてオーガニックなので、安心して活用出来ます。ほとんどの製品がその自然いっぱいのバラとハーブ園で栽培されている物を活用しているといった産地直売の安心感があります。

他にも私のお気に入りは、今話題のアサイー成分が配合された美容オイルです。これはそのバラとハーブ園で購入したので産地から直接取り寄せているオーガニックコスメなのですが、いつもお風呂上りに化粧水、美容液、クリームを浸けた後の仕上げとして塗ると、朝までそれぞれの成分をしっかりと皮膚の表面に残した状態へと導いてくれます。カバー力の高い美容オイルなのですが、よく伸びるからわずか80mlでも半年ぐらい使えます。これで2000円代だったら安いなと思いました。

 他にもそのバラとハーブ園では、ハーブを活用したヘルシーなお料理のコースランチを味わう事が出来るので、訪れた際には必ず食べるようにしています。オーガニック製品を購入する際にも、こんな風に晴れた日にバラとハーブでいっぱいの庭園でくつろぎながらゆったりとした気分で美容と健康に良いオーガニック製品をお買い物するのが、一番素敵な休日の過ごし方かなと思いました。

Tゾーンのテカリと乾燥肌の関係

おでこや鼻など、Tゾーンはテカるのに、頬や目元、口元は乾燥しているという方、自分は脂性肌だと思ってはいませんか。

実は、お肌は乾燥から守るために、皮脂を盛んに分泌することがあります。

乾燥肌というか、混合肌とも言えるのですが、Tゾーンはべたついて、頬はカサカサという方は、要注意。

なぜかというと本人が乾燥肌だと気がついてないことが多いんです。Tゾーンがテカるので、あぶらとり紙で皮脂を取ります。しかし、取りすぎると、お肌はよけい乾燥してはいけないと信号を出して、鼻やおでこから皮脂を分泌するという悪循環になっているのです。

こういうお肌の状態をインナードライ肌や隠れ乾燥肌ともいいます。

肌にべたついた箇所があるので、つい自分は脂性肌だと思い込み、長い間、脂性肌用の化粧品を使い続けたり,洗顔やクレンジングでTゾーンをごしごし洗ったりはしていませんか?

こうした間違ったスキンケアは、毛穴をかえって目立たせたり、お肌のきめが粗くなったり、肌がくすんで透明感がなくなったりと、お肌へ大ダメージを与えていることがあります。

Tゾーンだけ化粧が崩れたり、べたべたするのに、そのほかは乾燥しているという方、あぶらとり紙など、皮脂を取るケアは封印!まずはお肌の奥に保湿成分を補うことから始めていきましょう。

乾燥肌サプリメント人気ランキングはこちら