筋肉を大きくする

筋トレは頑張れば頑張るほど成果が出る訳ではない。しっかりとメカニズムがあるのだ。そのメカニズムを起こす条件がもちろんある。それは余裕のある環境でなければならない。それは食事のことを意味する。摂取カロリーと消費カロリーの収支の計算をし摂取カロリーが消費カロリーを下回るようであれば身体にとって余裕のある環境とは言えない極端に言えば飢餓と表現できる。必要以上のカロリーがいると言うことだ。次に筋対してどのような負荷を与えるかだ。過負荷の原理オーバーロードというものがある。これは一定水準以上の負荷を与える必要があると言うものだ。要するにやり切れるものは筋を大きくすることはできないと言うことだ。この二つが筋肉を大きくする上で必須条件となる。これらを踏まえて筋トレをする必要があるわけだ。基本的に大きい筋肉を使うメニューがよい。なぜならば複数の筋肉を動員する多関節種目となるからだ。大きい筋肉を筆頭とし小筋群も鍛えられるためである。大きい金肉は大きい力を発揮するため重量が扱うことができモチベーションも向上するだろう。だから小筋群より大筋群から始めることを私はオススメしている。高い負荷をかければ過負荷の原理に則ったトレーニングが行えるだろう。

加圧シャツおすすめランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です