歯磨きで口臭を効率よく撃退

口臭の原因の多くは口の中にあります。口の中を清潔に保つことが、口臭予防の第一歩となります。
ニンニクや魚などを食べた後に発生する口臭が気になる時は、食事後の歯磨きを徹底してみましょう。何も残っていないように見えても、食事の直後には食べ物の欠片が口内には残るものであり、それが他の食べ物や水分と混ざって臭いを発生させます。
うがいで口をすすいで、残ったもの水とともに流してしまうだけでもそれなりの効果を得ることはできますが、歯ブラシで歯の表面から隙間まで隅々に渡って付着している食べかすをきれいに落とした方が、より大きな改善を見込めます。歯磨き粉の清涼感ある香りで、口内もより爽やかになるでしょう。

食べかすをうっかり放置し続けてしまうと、それが細菌のエサになり、細菌は新たに歯垢や歯石という、口臭の発生源を生み出します。プラークとも呼ばれるそれは、虫歯や歯周病を引き起こすものともされている、口の中の厄介者です。
粘着質を持った歯垢程度なら、丁寧な歯磨きでの除去も可能ですが、石ほどの強度を持ってしまえば、自力ではなかなかとることができなくなります。しかし慢性的な口臭トラブルを抱えてしまわないためには、歯石を放置するわけにもいきません。
家庭では除去できない歯石は、歯科にて歯医者に取り除いてもらうのが一番です。たかが歯石と思わずしっかりと歯科にかかることで、厄介な口臭も、虫歯や歯周病のリスクも回避できます。口臭を口内トラブルのシグナルとして扱い、機敏な対処を行っていきましょう。

口臭サプリ人気ランキングはこちら!